配色センスと絵の組み立て方が学べる【色彩学】とは?


こんにちは、ひだまり絵画教室の駒形です。


ひだまり絵画教室では

色彩学というコースを設けていますが

今一つ、どんなことを学ぶコースなのか

分からない方多いと思います。


そこで

今回は、具体的な学習内容について紹介していきたいと思います。

バルールという言葉を知っていますか?

バルールとは、色の持っている力関係(強弱)のことだと

捉えてくださいね。


同じ赤でも、鮮やかなビビットトーンと

白を多めに混ぜたペールトーンがありますよね。

二つを同時に並べたときに
鮮やかな赤の方が最初に目を引くことは分かりますよね。


そうした色の強弱のことをバルールと言います。

画家はそうした事を考えて絵を描いているんですね。

塗り絵でバルールを使って色を塗ってみましょう

この、バルールを利用することで

絵の中に主役を決めることができるんですよ。



例えば↓の絵をご覧ください。


こちらの塗り絵は


駒形が色を塗った作品なのですが




今回は、右上の「緑色の鳥」を主役に決めて配色を考えてみることにしました。




主役が緑色と決まったら、背景や他の部分はそれ以外の

赤~青までの色を使うことになりますよね。

なので、背景には青から赤の色を使って塗っていきます。

その時に

注意しなくてはならないポイントがあります。


それは背景は主役よりも弱い色を使用する、という事です。



背景に原色のビビットトーンを使ってしまうと、主役が目立たなくなってしまうので

白を混ぜた
ペールトーンやライトトーンを使用しましょう。

そうすることで

主役が引き立つ絵が出来上がります。



いかがでしょうか?



このように配色や

使用する色の濃淡を考えていくと

センスも磨かれるし、絵をどんな風に組み立てていったら

いいのかが分かりますよね。

色彩は感覚の世界

色彩感覚は繰り返し絵を描くことで

身に着いていきます。

スポーツと同じところがあるんですよ。


なので、

このように塗り絵をしながら色彩感覚を身に付けていきます。


ひだまり絵画教室では

本格的な油絵から色鉛筆を使用した塗り絵まで

色彩の知識を活用して

絵を描くことを指導しています。

色彩は絵を描く上で欠かせません。

色彩の知識の基礎を学んで

絵を描く楽しさや表現する楽しさを

知っていただけたらと考えております。



Follow me!