【色鉛筆画】メルヘンな画風の描き方

色鉛筆画・画材の特性

こんにちは、駒形です。

色鉛筆は誰もが親しんできた画材なので、小さいお子さんから、ご年配まで

どなたでも楽しめる画材だと思います。

それから、表現方法も写真みたいにリアルなものから、イラストのかわいい表現まで

様々な表現で描くことができます。

画材の特性を活かすことで

画材の中で一番応用が利く画材だと私は思っています。


色鉛筆の画材としての特徴ですが

透明である、ということだと思います。
透明なので、紙の色に影響を受けます。


白い紙、ベージュの紙、色のついた紙、黒い紙と

紙としての色を最初に選んでおくことで

絵のイメージがずいぶんと変わってきます。



次に、たくさん塗り重ねても大丈夫だし、色が濁らないという点です。


水彩絵の具は、色の上にさらに違う色を何回も重ねると

下の色が溶けだして、2つの色が混ざり合い

色が暗く、濁ってしまいますが、色鉛筆の場合、そうゆうことはありません。

さらに、

なん色も重ねて塗っても、明るさは変わらずに

明るい色を保ったまま、混色できます。

そんなことからも

絵の初心者の方に一番適した画材であると私は思います。

色鉛筆画ならリアルな絵からメルヘンまで

色鉛筆は先ほども紹介したように

写真のようなリアリティのある描き方もできるし

メルヘン絵画のようなイラスト風にも描くことができます。


それは、絵のテクニックで描き方を変えるという事でも可能なのですが

紙の表面の画肌を選ぶこと

それから、画用紙の色

それから色鉛筆の種類を変えること

色鉛筆の芯の削り方を変えること

色鉛筆と他の画材を組み合わせることで

絵の雰囲気を変えることができます。


写真のようにリアリティのある絵にするためには

画用紙は色い色を使用して

画肌は細かい目の「ケント紙」のように凹凸の

まったくない紙を選びます。

色鉛筆は、芯が固めのものを使用して

常に、芯を尖らせて細かく描くことができるようにしておくといいでしょう。



今度は

絵本や、童話の挿絵のようなかわいい絵にしたい場合には

画用紙はオフホワイトのベージュがかった色味を使用したり

あらかじめ、ピンクや水色の色味のついた画用紙を使用すると

いいでしょう。

私は、

museのパステルマーメイドのスケッチブックを使用して描いています。

いろんな色のついた画用紙が綴じてあるので

描きたい雰囲気の絵に合わせて画用紙を選べるので便利です。

色鉛筆はホルベインのパステルカラーを使用します。

色鉛筆のセットにも様々な種類があって

パステルカラーだけのセットも販売されています。



色鉛筆はなかなか中間の色を出す事が難しいので、このパステルカラーの

色鉛筆は1セット持っておくと大変便利です。

ホルベイン オンラインショップ

色鉛筆画に必要な画材

色鉛筆画は特別な画材は必要ありません。

最初にそろえるのは、

「練り消しゴム」

「鉛筆削り」

後は、色鉛筆と画用紙になります。


最初は色鉛筆は赤、青、黄色の3本からだんだんと数をそろえていくのが

いいでしょう。

1本づつそろえるのが面倒な方は

セットでせっかくそろえるのなら

多少、値段が高くても、プロ用の色鉛筆を購入することを

お勧めします。

色鉛筆の芯に使用されている絵の具の顔料の品質がいいので

長い年月が過ぎても、色あせることなくずっと鮮やかなまま

作品として残しておくことができます。

それから

制作していても、絵の具の乗りや、描きごごちが全く違います。

描くこと自体が楽しく感じられるほどなので、

ぜひプロ用を購入してみてください。


色鉛筆はそんなに減るものではないので、1度買えば

一生持ちます、そういっても言い過ぎじゃないくらいなので、

いいものを買いましょう。



色鉛筆画に必要な画材はそれくらいです。

気長に、マイペースで楽しめる趣味としてはじめるのにちょうどいいと思います。

まとめ

色鉛筆画を使用して

かわいい雰囲気のメルヘン風の絵の描き方について

紹介しました。

色鉛筆の色味自体なライトトーンからパステルトーンの

明るい、優しい色合いなので

色鉛筆で描くことだけで

優しい雰囲気の絵を描くことができますが

鉛筆の固さと、使用する画用紙を選択することで

さらに、幻想的であったり、ふんわりとした

優しい感じに仕上げることができます。

色鉛筆の芯の固さもメーカーによって

違うので、自分の書き心地に会う色鉛筆を

いろいろと試してみることをおすすめします。


それから、色鉛筆は水彩絵の具とも併用できるので

いろんな技法を試すことができます。



色鉛筆は、しっかりとした作品をつくることもできるし

野外でのスケッチや

デッサンの練習として、クロッキーにも使用できます。




初心者の方で、

何の画材にしようか悩んでいたら、ぜひ!色鉛筆画をおすすめします。

Follow me!