色鉛筆画の描き方と作品保管の方法

色鉛筆を使った描き方

今回は色鉛筆を使用して、静物画を描いてみました。

色鉛筆を言っても、メーカーによって色の種類と色鉛筆の芯の硬さが違うので、さまざまなメーカーの色鉛筆を試してみて、自分に合うものをえらぶと良いと思います。

私はホルベインのメーカーの色鉛筆と、三菱ユニのものを主に使用しています。

出来上がった作品はできるだけ良い状態で長く保存できるように、制作する上での注意点と保管の方法について紹介します。

紙の種類と保存について

私がよく使用する紙の種類は、マーメイド紙とストラスモアというアメリカ製の丈夫な紙です。

今回使用した紙はこちらのパステルマーメイド紙

パステル画のための紙なんですが、水彩・色鉛筆でも大丈夫です。

はじめに、鉛筆で下書きをして、その後に水彩絵の具のチタニウムホワイトで明るい部分を描き起こしていきます。

鉛筆で描いている時も、筆で描いている時も画面を手の平でこすって画面を汚してしまわないように、手の下に紙(何でも構いません)を置いて作業しています。

これは、画面を汚さないようにする、という以外にも手の油を紙に付けないようにするためです。

なぜかというと、油が付いてしまうと鉛筆や絵具の付き具合がわるくなってしまうのと、それともう一つは保存しているときに湿気の多い場所で保管しておくと、そこからカビが出てしまう可能性も考えられるからです。

なので、

こんな感じで、画面を汚さないように作業しています。

上の写真は、よく100円ショップ・ドラックストアで売っている白手袋を、指の部分を切って使っています。

これ、便利ですよ。

水彩絵の具で加筆したら、色鉛筆で塗っていきます。

完成したら、フィキサチーフをかけて額に入れて完成です。

額のマットも、絵を保管する際は余分な湿気を吸収したり、乾燥時には逆に湿気を与えたりとマットが絵を湿気から守ってくれる役割を果たしているんですよ。

それから、絵を長期に飾らないで保管しておく時は、ビニール袋に市販のなんでもいいです、除湿剤を入れておくと、湿気やカビから作品を守ってくれて長く楽しむことができます。

日本は梅雨がありますからね、注意しないとせっかくの作品もだいなしに・・・なんてことになってしまいます。

まとめ

支持体が紙の作品は、保存状態をよくするために、制作時に手の油が付かないように気を付ける

パステル画・鉛筆画・水彩画を長く良い状態で保管する方法はビニールの袋(市販されている衣類圧縮袋など)に市販の除湿剤を入れて保管するとよい。

油彩画よりもデリケートな紙の作品は、保管のポイントさえ分かればずっとよい状態を保つことができます、ぜひ、参考にしてくださいね。

Follow me!

駒形京子絵画展・会場の様子画像

駒形京子絵画展

会場:GalleryCafeふらっと

営業日:木・金・土・日(土日は隔週で営業)

営業時間:11:00~17:00

駐車場あり

電話・お問合せ

028-689-8918

カーナビでお越しの際は宇都宮市細谷430-1でお越しください。

ホームページアドレス

https://gallery-cafe-flat.amebaownd.com/