液体フィキサチーフの使い方

6畳のアトリエで100号2枚描く方法

絵を発表してみたいな・・・。そう思ったときに思い浮かぶのが公募展ですよね。でも、市民展も、県の公募展も展示されている絵画の大きさは80号とか100号サイズです。

応募の規定には、10号以上 (私の地元の市民展の場合)とありますから、10号でも大丈夫なんですが、ほとんどの人80号くらいから100号の絵で応募してきます。

そして、大きければ、大きいほど賞の候補として選ばれるらしいのです。

展示会場も、○○会館や○○センターといった大きな会場なので、小さい絵だと存在感がなくなってしまい周りが100号くらいの絵ばかりだと埋もれてしまいます。

中央展に応募してみたい

中央展とは、東京の都美術館や国立新美術館で開催されている公募展を総称してそう呼んでいます。

日展や独立展、二紀展、国画展などなど・・・たくさんの美術団体の公募展が東京の国立新美術館で開催されていますが、どれも応募規定では100号以内とか、あるいは、120号以内とか・・・。

そして、100号の絵を2枚以上は出品しないと、入選になりません。

そして、 入選したら 2枚のうち1枚だけ展示してもらえます。2枚両方とも展示してもらえたら、賞候補だそうです。

この、100号を2枚描くのに、ある程度のスペースが必要となるのですが、普通の住宅でこの作業スペースを確保するのって、難しいのではないでしょうか?

皆さん、どのように作業場を確保しているのでしょう?

私がずっと、中央展に応募しなかった理由の一つにこの、作業場所の確保の問題があったんです。

私は、美術を仕事にしてきたので、幸いにもアトリエ(一部屋 絵を描くために作りました)がありますが、100号を制作するとなると、ひと部屋を確保するだけでも大変だと思うのです。

6畳の部屋の壁に立てかけて、描くことはできますが、それを部屋から出して、車で運搬・・・そんなことを考えると100号って、大きいのです。

とてもじゃないけど私の軽自動車には入りません。

で、・・・・考えました。

絵を2つに分割して描く

F100号の大きさは、ちょうどM60号を2枚くっつけた大きさと同じくらいになります。

正確にはピッタリにはなりませんが、(14㎜小さくはなります)

それを利用して、100号サイズの絵を2枚制作しています。私はMDFボードの2㎜厚を桐の木枠に貼り付けて使用していますが、キャンバスでもできるんじゃないかな。

鉛筆で下書きが完成したところです。

フィキサチーフはスプレーより液体を使用したほうがお得です

鉛筆で下書きが完成したら、定着スプレー(フィキサチーフ)をスプレーしますが、液体状のものも販売されていて、

これですね、これを消毒用エタノールで薄めて、画面に筆で塗布することができます。

アルコールはドラックストアで購入することが出来ます。こんなものです。

スプレー缶で販売されているフィキサチーフの成分表示を見てみると、合成樹脂、エチルアルコール・・・なので

これで、希釈することができるんです。

小さい画面なら、スプレー缶で問題ないのですが、100号の画面2枚分はこの方法で鉛筆を定着させます。

作業方法

まず、あらかじめ、軽くフィキサチーフスプレーで軽く、定着させておきます。

そしてから

いらない容器に液体のフィキサチーフと消毒用エタノールを1対2くらいの割合で混ぜます。

刷毛を使って画面に塗っていきます。MDFボードは紙と同じなので、塗った瞬間から液体を吸収して、筆でこすっても、鉛筆の粉がよれたりせずに、ピッタリと画面に定着させることができます。

ポイントはあらかじめ、最初に軽くフィキサチーフをかけておいて、そうしてから筆で塗ります。最初から筆で塗ると鉛筆で濃く描いたところは色が取れてしまいます。

ちなみに、瓶の蓋が開かなくなって困ったときは

ヨーグルトの空き容器にお湯(指を入れられるくらいの温度)にさかさまにして10分くらいおくと、簡単に蓋が開きます。

パネルに鉛筆で下書きをしたときも同じように、液体のフィキサチーフで定着させることができますので、参考にしてくださいね。

まとめ

*M60号を2枚つなげたものはF100号サイズとほぼ同じ大きさ

*液体フィキサチーフは消毒用エタノールで希釈して、刷毛で画面に塗ることができます。(画面がなめらかな場合は刷毛の摩擦で鉛筆の顔料が動いてしまうので、スプレーを使用したほうが安全)ですが、紙、パルプ状のものなら問題ないです。

参考になればうれしいです。

Follow me!

駒形京子絵画展・会場の様子画像

駒形京子絵画展

会場:GalleryCafeふらっと

営業日:木・金・土・日(土日は隔週で営業)

営業時間:11:00~17:00

駐車場あり

電話・お問合せ

028-689-8918

カーナビでお越しの際は宇都宮市細谷430-1でお越しください。

ホームページアドレス

https://gallery-cafe-flat.amebaownd.com/