大人の絵画教室を開くにはどうしたらいい?

大人の絵画教室の開き方

こんにちは、駒形です。

今回は

これから絵画教室を開きたいと考えている人必見です。

私自身、4月に絵画教室を開きました!

教師を退職してから

子供が手をはなれたら絵画教室をやりたいと考えていたのですが

場所がなかなか見つからなくて

半分あきらめていたような状態だったんですね。

しかし、思いがけない事から

あっという間に絵画教室を開く運びになり

それからは

準備に大忙しの毎日でした。


そんな訳で

今回の記事では

絵画教室を開くためにはどうしたらいいのか?について

紹介していこうと思います。

ぜひ、参考にしてくださいね。

大人の絵画教室を開くには2つの方法がある

一つは現実の世界で店舗を借りて

生徒さんに教室に通って頂いて絵画を指導するという方法です。

そしてもう一つはインターネットの中で

絵画教室をするという方法です。

これは

スマホの動画撮影を利用して、先生が絵の描き方を教えるというものです。

インターネットを利用して絵画教室が出来てしまうなんて、

少し前は想像もしなかった事なので

今は本当に素晴らしい時代ですよね。

実際、私はとある画家さんが運営している

オンラインの絵画教室を受講したことがあります。

そんなオンライン絵画教室を私もできたらいいな・・・

なんて考えていたのですが

インターネットやそうしたことに

疎いので、

実際に動画を撮影するにしても、

機材はどんなものを使うのか

動画の取り方や、その他もろもろのことがまったく分かりませんでした。

それで

なかなか実行に移すまでには

至らなかったのです。


インターネットでの知識がある方はオンラインでの絵画教室を開く

という選択肢もあるので

それもまた、いいですよね。

私はやはり

リアルの場で生徒さんに直接指導する方法でやっていこうと思いました。

大人の絵画教室の場所の見つけ方

一番いいのは

自宅を教室として使用することだよ。

そう

お店を経営している知り合いの方に聞いたのですが

私の家には教室を開けるほどの広さがありません。

そこで、アパートを借りようかどうしようか悩んだのですが

一般のアパートを借りるとなると

家賃の他に電気代や水道代などの光熱費までかかりますよね。

かなりの金額を投資しなくてはなりません。

今回、絵画教室をひらく場所が見つかったのは

本当に偶然の事で、

たまたまそうした場所に出会うことができたから

開けたんです。

記事には詳しいことは書くことはできないので

私のLINE公式アカウントの方で登録していただくと

詳しいことをお話させていただきたいと思います。


店舗としての物件を貸し出しているところは

探すとあるそうです。

だけど

普通の人はそうした物件をどこでどうやって探してよいものか

さっぱり見当つきませんよね。

こうしたことは

学校なんかでは教えてもらえないので

やはり

個人で経営をされている方や

お店を経営されている方と親しくなって

いろんな情報を教えてもらうしかなさそうです。

自分で情報を探すという事ですね。

大人の絵画教室の先生になるには何か資格が必要なの?

これには、特に資格は必要ないです。

私の知っている方で、美術の大学や学校を出られていない方

でも、絵画教室をしている人を知っています。

きっと、習いたい!

そう言ってくれる人がいれば大丈夫だと思います。

ただ、やはり、絵が描けない事には教えることはできないので

ある程度の画力が必要なのかな‥とは思います。

私はもともと高校の教師の経験や中学での講師

絵画教室での講師経験があるので

そうした

教員免許や講師経験といった

経験を積んでおくといいんじゃないかなと思います。

また、

画歴も習いたい人は気にするみたいなので

個展や展覧会に出品して何かしらの賞を受賞するという事も

きっと生徒さんから見たら

安心して絵を習うことができると思います。

大人の絵画教室で教える内容を決めよう

まず、何を教えるのかについて考えます。

私は、油絵をメインにずっと学んできたので、

油絵は教えようと思っていましたが

油絵以外の「こまがた絵画教室」オリジナルのものを

もちたいな・・・

そんなことをずっと考えてはいたんです。

そこで、

教師時代に授業で教えていた

「商業デザイン」と「色彩検定」の内容を取り入れたコースを考えてみました。

ただ、色彩検定対策のための

講座だけじゃ楽しくないよね・・・。、

そう考えたので

塗り絵は楽しいし、塗り絵と組み合わせて

配色を塗り絵をしながら覚えるのは楽しいかもしれない。

そんな考えから

「大人の塗り絵・色彩学コース」というものを作ってみたのです。



大人の絵画教室を開くなら屋号を考えよう

屋号とは、何屋さんであるかが分かるような独自の名称を考える事なのですが

これには、少し悩んでしまいました。

○○絵画教室という事は決まっているのですが、

この、○○のところが私個人の名前で良いのか

それとも、まったく違う名前にしたほうがいいのか考えてしまったんです。

一番分かりやすいのが

「駒形」の名前をストレートに入れる事なのですが

自分の苗字を出す事は恥ずかしという気持ちがあったし

駒形はイメージが固い感じや画数が多くて見ずらいと

いう事もあったからなんです。

そこで、最初はローマ字でKomagataにしてみたのですが

そうすると、

自分の名前を出す気恥ずかしさがなくなるのですが、

ホームページで、文字で見た時に分かりずらいことが気になって・・・。


屋号については、

こうしたほうがいいという事はないと思うのですが

文字に表記したときに、やっぱり見やすさ、分かりやすさは大切かな

と思いました。

最終的にひらがなで「こまがた絵画教室」に決めました。

大人の絵画教室の集客をしよう

まずはホームページですね。

これは、今の時代は必ず必要ですよね。

無料でホームページが作れるサイトがありますが

私は自分でサーバーを借りて、独自ドメインを取得して立ち上げたサイトを

持っていたので

それを、絵画教室のホームページに利用しました。

ホームページ作成については

ほとんど・・というか

全部独学で学びましたよ。

ブロガーさんの記事なんかを参考にして

分からない言葉が出てきたら、googleで検索しての繰り返しで

何とか

こうして自分のブログを立ち上げるまでになりましたよ(´;ω;`)


インターネットは分からないから・・・

そう思うかもしれませんが

私が、ここまで

何とかできたので、

一人でもなんとかつくれると思いますよ。


どうしてもだめそうなら

ブログが作れる方に頼んでしまいましょう!!

看板

これは、自分で手作りしました。

ホームセンターでペンキを買って、看板を作りましたよ。

道路脇から見えるように教室の入口に設置しました。

チラシ

これも、自分で作りました。

今は無料で使えるグラフィックデザインツールがあるので

そうしたものを利用して、チラシを作り、ネットプリントで

最初に500枚印刷して、追加でまた500枚印刷をしました。

知り合いのお店に配布して

自分でも1件1件ポスティングをしました。

のぼりの作成

のぼりってよくお店が出している旗の事なんですが

それも作りました。

お店に頼んで作ることは可能なのですが

私は知り合いの方に頼んで、2000円で2つ作ってもらいました。

イベントを開催してみる

ワークショップのようなイベントを企画してみるの宣伝効果があると思います。

たくさんの人に絵画教室を知ってもらうためにもいいですし

それから、体験してもらう事で、絵やものづくりの楽しさ

を知ってもらえますよね。

SNSを利用してみる

無料で広告ができるので使用しない理由はないですよね。

他の事業者の方と協力をする

絵画教室を個人で立ち上げるとなると

たった一人で

事務の仕事や広報の仕事すべてを一人でこなさなくては

なりませんよね。

そんな時に頼りになったのは

同じ個人事業を経営されている友人や知人の方です。

ちょっとした事でも

相談したり

仕事の話しが聞ける人がいることはとても精神的にも

ありがたい存在ですよ。

もし、将来絵画教室を開きたいなと考えているなら

そうした、個人でお店を経営されている方や個人事業主の方

と知り合いになっておくと心強いですよ。

まとめ

最後に

私の家は農業を営んでいたのですが、農業だけでは生活ができないので

両親は個人事業を営んでいたんですね。

個人事業といっても

父と母の2人だけの事業です。

農業も、会社に属して働くという事とは違いますよね

個人で判断して

個人の責任で

仕事をしていたので

個人事業と似たような働き方だと思っています。

そうした背景があるからなのか

個人で仕事を取って、個人で働くということに

あまり抵抗なく仕事が出来ているのかな・・・なんて思ってます。

これからは

副業が当たり前の時代なんて言われているし

パラレルキャリアなどとも言うそうです。

一つの会社に生涯勤めあげるという考えは

なくなっているみたいだし

公務員の定年退職が65歳に引きあげる話が出ています。

私たちの老後は

老後?と言っていいのかな?

これからは生涯働くのが当たり前になりそうです。

そんなことを考えて、個人で働くというのは年齢を重ねても

働くことができる仕事の方法の一つなのかな・・・なんて思っています。

自分のペースで

自分の好きな事で

生涯仕事が出来たら素晴らしいですよね。

そんな事を考えて

毎日、絵を描いたりブログを執筆したりしています。

Follow me!