【画材】絵を描くときには画材どこで買う?

画材を販売しているところは画材店だけじゃない

制作に付きまとう不安といえば・・・。

いろいろあるでしょうけど、私が今いちばんの関心ごとはお金です。

今は20代の時に制作していた時よりも制作費にお金がかけられないのは確かです。

20代はすべて私の判断でお金を使うことができました。

今は家族がいて、私は無職の状態です・・・。

専業主婦とも言います。


正社員で仕事をしていた時は収入がありましたが、

ほとんど12時間は仕事のために拘束されていて制作時間はまったく取れませんでした。

赤ちゃんも育てていましたから。

お金はあっても、

制作できないというジレンマでした。

そして、現在は子供が手がかからなくはなりましたが、

仕事はしていませんので

躊躇なく、画材が購入できる状態ではなくなってしまいました。

いかに、取捨選択して必要なものにお金をかけるか?

そう、考えるようになりましたね。

画材費を抑えることができるお店とは

キャンバスはやはり私にはお値段が高いです。

その、問題を乗り超えるために、

紙・またはパネルに油彩を描くということです。

かなり出費が抑えられますよ。パネルはホームセンターで

「しな材」を購入してカットすると経費が抑えられます。

中世の画家も、シナ板に絵を描いていたので

まったく問題ないのです。

むしろ、そうしたホームセンターで購入したほうが

いいでしょう。

ほかの画材についてもホームセンターを活用することです。

絵の具についても

大量に安価で購入することができます。

この場合、使用する絵の具は絵の下書き用として

購入します。

上塗りや仕上げの絵の具は

品質の良い絵の具を使用しましょう。

絵を描く=画材店の思い込みがあるかと思いますが、

そのほかにも、

絵の具をふき取るための「ウエス」も購入しています。


絵を描くには画材店で購入しなくちゃいけないという

思い込みがあるかもしれませんが

ホームセンターを活用すると

画材の経費を抑えることができるので、おすすめです。

画材費節約してはいけないものとは

それは、

絵の具です。

これは、節約をしてはいけない項目だと思います。

高校時代に絵具関係の仕事をしていた方から大量に古い絵具を頂いて使用していました。

高校生なので練習には良かったと思うのですが、

きちんとした、新しい絵具を使用しましょう。

やっぱり、発色や、のちの作品の品質にも影響が出ます。

高価な絵具はやはりいいです。いい作品になりますよ。

安価な絵の具には、染料が使用されています。

絵の具の色を発色させているのは

顔料と染料の2つのものがあります。

顔料は、紫外線で退色することはありませんが

染料は年月が過ぎると、色あせてしまいます。


もし、絵を販売して購入してくれるおきゃくさんがいた場合

購入した絵が何年かして、色あせてしまったら

大変ですよね。


そうゆう事からも、絵の具っだけはケチらないで

良い品質の絵の具を買うようにしましょう。

額の節約方法

公募展に出品する絵は80号~100号の大きさですよね。

その額縁を額縁店で見積もりを出してもらったんですね、そうしたら5万円以上です。

ちょっと私には払えない金額なのでどうしたものか?

そんな時

大手のホームセンターで「モールディング」というものが売っています。

それを額の代わりに絵に取り付けるといいですよ。

公募展の場合、額縁は評価の対象にはならないので、あまり見苦しくなければ、ホームセンタで、杉材の細長い木の板を張り付けるので大丈夫です。

1枚の絵に5万円の額を使っていたら、何枚も絵を描くことができなくなってしまいますからね。

画材店に行く前にホームセンターを覗いてみてください、

結構アイデアを考えれば買わなくてすむものがありますよ。

絵画展の出品料節約

これは、私の考え方です。

地元の教育委員会が主催している公募展は出品料がほんとうに抑えらています。

東京で募集している公募展の出品料の約10分の1ですから。

本当は認知度を上げるために東京の公募展に応募していくのがいいのでしょうけど、

金額を考えると、今の私の経済状況では難しいので、地元で発表・継続していくことにしています。



東京の公募展に出品するとなると

運送費だってばかになりませんよね(泣)

個展の画材費節約方法

個展の会場費も

色々、情報を集めると、市民ギャラリーなど

一週間2万円程度でできる会場がたくさんあることが分かりました。

収入がなくて、自分のこづかいの範囲で絵を描いて、展示していくのはなかなか難しいと思います。

でも、あきらめず他の方法がないか模索していこうと思っています。

個展の会場費は

できるだけ、賃貸料の低い会場をさがします。

レンタルギャラリ・貸し画廊RentalGallery・jp のサイトでもみつけることができます。

DMも最初分からなかった時は

地元の印刷所で印刷を頼んでいましたが

ネットでプリントできることが分かり

今は、ネットプリントを利用してダイレクトメールを作っています。

画材を販売しているお店をリサーチする

やっぱり、お金が出ていくばかりでは、制作が続けられませんからね。

絵を見てもらって、楽しんでもらうためにも、

どうにか赤字にならない方法を模索していかなければな・・・・と思います。

まだまだ、試行錯誤の途中ですがトライアンドエラーの繰り返しで、少しは進歩しています。

絵が好きで個展などの活動がしたい

だけど、資金がなくて困っている人の役に立ったら嬉しいです。

読んでいただきましてありがとうございました。

Follow me!